湿気があるとシロアリ被害が発生しやすくなる?!

シロアリが発生するのは湿気のあるところ

シロアリ被害は気づかぬうちに訪れる

シロアリが棲みつくことで建物には様々な被害が出ます。気が付かずに進行するケースが多いため、いくつかの例を見てみましょう。

仕事で使う資料が食べられた(40代/男性)

建築設計事務所に保管していた貴重な設計図が被害に遭いました。設計図は紙でできているので、シロアリに食べられたんだと思います。大切に保管していた貴重な資料が、知らず知らずの内に食べられていたと思うとすごく悔しいです。

歩くたびに畳が沈んでいると思ったら(50代/女性)

以前に比べて畳が沈んでいるような感覚がありました。古い畳にしてもここまで沈むかなと思い、大掃除のときに畳を上げたのですが、見てビックリしました。シロアリの食害を受けてボロボロになっていたのです。

木じゃないと油断していたら(30代/男性)

羽アリは木や植物の繊維を食べると思っていたので、最近被害を受けたときは衝撃的でした。庭に行こうと思って自宅周りを歩いていたら、壁が少し崩れていました。業者を呼んで原因を解明してもらったら、羽アリがコンクリートを侵食していたのです。

ボロボロになると地震で倒壊する

地震で家屋が倒壊した際に、シロアリの被害がなかったか調査が行なわれることがあります。阪神大震災で倒壊した家屋は、倒壊しなかった家屋よりシロアリによる被害が大きかったことが分かっています。シロアリは建物の強度を大きく下げる力を持っているため、築年数が古い建物は注意が必要です。老朽化の進んだ建物は、耐久性が低くなっているため、シロアリによる被害も加わると地震などの際に直ぐに倒壊してしまうでしょう。 "

TOPボタン