シロアリ被害を受けやすい場所【羽アリの好みを探れ】

シロアリが発生するのは湿気のあるところ

シロアリが好む家の特徴

殺虫剤

羽アリ、特にシロアリは木材を餌としているため、餌場になりやすい場所や好まれる条件がいくつかあります。被害を受けやすい場所の特徴を紹介するので、当てはまる人は注意しましょう。

シロアリはこのようなところを狙っている

床下の高さが低い
床下が狭いと風邪の通りが悪くなって湿気が溜まりやすくなります。シロアリは空気の動きを嫌うため、建築基準法では地面から一回床面までの高さを40センチ以上空けるように義務付けられています。地面から床下自体まで40センチ空いていない住居は要注意です。
雨漏りをしている
木材自体が水分を多く含んでいる場合は、シロアリに狙われやすいです。外壁のヒビから壁内部に水が入ることがあるでしょう。直接室内に入ってこなくても建材に水分を与えてしまうため、シロアリに狙われやすくなります。
庭に廃材が放置されている
土の上に直接木材を置くと、土中のシロアリが木材へ移るため危険です。建物の基礎の近くに廃材などがあると、廃材から基礎へ、そして構造部材へと侵入するため注意が必要です。
玄関付近に木の柵を設置している
シロアリは土中に棲んでいるため、地面に木製の柵や枕木などを使用すると、シロアリが近寄りやすくなります。庭に木材を多く利用しているところは気を付けましょう。

自分で行なうのが難しければ羽アリ駆除専門の業者へ

シロアリは湿気の多い場所の木材を食い散らすため、土に接している基礎部分に薬剤を散布する方法が最も効果的です。床下での長時間作業は体力的にも厳しいため、経験と技術がなければ完全な駆除というのは難しいかもしれません。一般の方が床下に潜る機会はそうそうないはずなので、床下がどのようになっていてどの辺りに被害が発生しているかなどを調べるのは簡単ではありません。羽アリ駆除の専門業者に依頼した方がスピーディーで確実です。自分で駆除を行なっても確実に退治できていなければ、被害をそのまま進行させる恐れがあります。現地調査も合わせて駆除全般を業者に依頼することをおすすめします。

TOPボタン